研修について

企業レクリエーション研修

どんな研修ですか?

お互いのよい面に目が行く関係、こうだからダメじゃなく、こうすればもっとよくなると言い合える関係。このような肯定的でプラス志向の人間関係作り、社内文化づくりを進める人材育成のお手伝いをします。研修の柱は次の3つ。

  1. 運動会、社員旅行等社内イベントを、社内文化づくりに活かすためにブラッシュアップする方法(あらたに創る方法)
  2. 社員と直接かかわり、モティベーションを高め、コミュニケーションを促進するかかわり技法。
  3. 社員と直接かかわり、モティベーションを高め、コミュニケーションを促進するかかわり技法。

業務にも生きるリーダー研修としてもお勧めです。

研修の進め方(学習イメージ)

体験・実感を中心にした研修です。

  1. 様々なアクティビティを楽しむ。
  2. 楽しんだことを振り返って個人の動機づけや集団の力量アップのための活用方法や裏付けとなる理論を学ぶ。
  3. 学んだ方法・理論に基づきアクティビティを活用するプログラム(社内イベント等)の企画・運営方法。

このような柱を受講者や研修時間にあわせて進めます。

個人と集団の力量強化のお手伝い

対象者に数多くの成功体験を重ねてもらう(動機強化や自信づくり)。他者との良い関係を築いてもらう(コミュニケーション促進、集団作り)。そして、個人の力と集団の力が相乗的に高まっていく。このようなレクリエーションの特長を企業という現場で活用する力が身に付きます。

・講師派遣
事前の調整のうえで、ご希望の日時・場所へ教育レクリエーション研修を行う講師を派遣致します(講師は、これまでの研修事業で満足度平均約90点の高評価獲得等実績十分な者を用意しています)
・企画・事業受託
実施の狙い、様々な条件(対象、コスト等)をお教えいただき、研修プラン(カリキュラム、スケジュール、会場レイアウト等)の作成し、研修を実施させていただきます。

ご相談~実施までのながれ

  • (1)ご相談(メール、電話等でお声がけください)
  • (2)当協会からの提案・すりあわせ
  • (3)実施準備(役割分担はケースバイケースになります)
  • (4)実施
  • (5)実施評価の提出(受講者アンケート等)